--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.11.26 (Mon)

環境問題はなぜウソがまかり通るのか2/武田邦彦 

環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks (029))環境問題はなぜウソがまかり通るのか2 (Yosensha Paperbacks (029))
(2007/09/12)
武田邦彦

商品詳細を見る

【More・・・】

★★★★

かなり衝撃的だった前作。
それに対してかなり反響が合ったようで
更に詳しく知りたい人には新たな分野について情報を、
そして前作に対して反対意見がかなり来たようでそれに対してのアンサーとしての機能も果たしており、
意見がぶつかる人に対しても改めて説明しなおしています。

中でも地球温暖化に対する問題で京都議定書についての裏話。
まあ本来は裏話にもならないはずの日本が考えていなければいけなかった部分ですが、国同士の関係によって日本に負担がかかっているというのは新たな視点として面白い部分となった。
また前回ペットボトル話のかわりに今回出てきたのがバイオ燃料。こちらは最初から大国の利益のためのものということがなんとなく分かっていましたけど、詳しく説明してもらうとどのような点が問題となっていて、なぜこのような状況になっていたのかが詳しく書かれています。
相変わらずなんとなく分かっているが、詳しく知らない部分をデータに基づき語る形は変わっていません。
前回気になったのが、本当にそのデータの使い方でいいのか?って事でしたけど、今回特に目に付いたところはなかったです。一人当たりのCO2排出量の計算についてはちょっとそれでいいのか分からないのですが。出来ればもう少しデータも集めて欲しいし。

最後に池田先生との対談があるのですが、これはただのページ稼ぎですね。
二人ともそれぞれの著書の内容を互いに意見が合う相手に対して説明しているだけになってしまい、あまりおもしろくはないか。
まあ否定派で仲間が少ない人同士だから楽しいのかもしれませんけど。

考えかた自体は相変わらず優れていると思えるし、このような活動を続けていってもらい、こっちの考える材料の1つにさせていただきたい所。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : ★★★★

Edit  |  01:31 |  他 なんでも  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

カレンダー

ポップアップタグメニュー

ブログ内検索

カテゴリ

カテゴリ

ブログパーツ

タグ de

リンク

ベストセラー

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。