--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.11.25 (Sun)

面白南極料理人/西村 淳 

面白南極料理人 (新潮文庫)面白南極料理人 (新潮文庫)
(2004/09)
西村 淳

商品詳細を見る

【More・・・】

★★

南極の昭和基地、その更に内陸部で高地にあるドーム基地において一年暮らした料理担当者のお話。

まず舞台が極限の地であり、マイナス50℃が当たり前の世界。更に高地、人間関係も深くなる。このように魅力ありすぎる設定であり、見る前から興味をそそります。

実際に中を見ると想像していた以上に寒さが分かり、何でも凍る世界の厳しさが伝わってきます。食材が凍り、更には燃料まで凍ってしまう。この世界で過ごすのはすごすぎる。
そんな状況であっても料理をきちんとやる、食材は贅沢だといっても不便は有り、このような時代になっても極限状態ではまだまだ不便な事だらけですね。昔の人の努力と不便さを想像する事が出来ます。

ただそれでも作者が楽しい料理を作り、みんなと楽しく日々を過ごしていくのを見るのは非常に楽しい。作者がもうすべてぶちまける形で話しているので人間関係やどのような生活が営まれているのか、それが詳しく伝わってきます。苦労も多い旅でしたが、最終的な満足感は感動にもつながりました。

まあただ少し事件が起こる事も多いといっても、中だるみがあり、それはノンフィクションなのだから仕方ないのかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : ★★ 食べ物

Edit  |  23:31 |  他 なんでも  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

カレンダー

ポップアップタグメニュー

ブログ内検索

カテゴリ

カテゴリ

ブログパーツ

タグ de

リンク

ベストセラー

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。