--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.11.24 (Sat)

賽子の国の魔法戦士/安田均 水野良 山本弘 友野詳 グループSNE 

賽子の国の魔法戦士賽子の国の魔法戦士
(2007/01)
水野 良

商品詳細を見る

【More・・・】

★★

水野良、山本弘、友野詳の三人がソードワールドの世界をつかいそれぞれすでになじみのあるキャラを用いてセッションしたものを集めてます。

収録時期も昔のものだったり、新しく収録したものだったりばらばらですが、
いずれもしっかりと構成されており、さすが作者三人集めただけはあるものが出来てます。

「不思議な地底探検」 友野詳

ファイブリア世界の元となったものらしいですね。
ロードスのD&D編みたいなものでしょうか。これを元に話を広げていったと。
流石楽しい世界を作らせれば定評のある人間がGMしているだけあって、
ノリが楽しく常に前向きです。これは確かに広げたくなる気持ちも分かる。
設定がフォーセリアのパロディになっているために世界観も作りやすく、
元の世界に親しみがあればあるほど面白くなっていくでしょうね。

「絶対危険チルドレン」 山本弘

サーラの冒険で悪側についていた子供たちのその後を使ったセッション。
キャラクターがキメラで人間じゃないってのは流石。
目の付け所が違うし、プレイ中も進行具合が適切。やはり実力は衰えてはいません。
ただはなしとしては面白くないか。

「賽子の国の魔法戦士」 水野良

魔法戦士リウイの一行における鋼の国の魔法戦士でのプロトタイプ。
正直このシリーズはかなり前にあきらめていて、あらすじだけ追っている形なので
詳しいことは分かりませんが、やめたのが悔いにならない出来の作品で良かった。
全体的に中途半端な出来で、やりたい事はわかるんですが、それは誰にも求められていないように思えます。流石にゲーム進行はうまく、きれいにみんなを乗せて行きます。
ただそれだけですね。まあ本当にそれだけ。いい部分はいっぱい見えるのにそれだけ。


全体的に三作とも短いために分かりにくい部分があったように思えます。
序章、外伝、進行中の作品とそろえてありますが、そのためにすべてこじんまりしてしまいましたね。みんな昔好きだった人たちなので残念。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : ★★

Edit  |  07:27 |  ゲーム関連  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

カレンダー

ポップアップタグメニュー

ブログ内検索

カテゴリ

カテゴリ

ブログパーツ

タグ de

リンク

ベストセラー

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。