--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.11.23 (Fri)

電波的な彼女 

電波的な彼女 (集英社スーパーダッシュ文庫)電波的な彼女 (集英社スーパーダッシュ文庫)
(2004/09)
片山 憲太郎

商品詳細を見る

【More・・・】

★★★

主人公は特徴のさほど強くない男なんですが周りを囲むキャラが電波。
これは今まで見た事のないタイプの作品でしたからいい感じで読み始める事が出来た。
導入部分の興味を引かせる事に関してはかなりいい感じだったのではないでしょうか。
電波な女の子との不思議な関係もおもしろく、不思議でも有り、現実感を保つ形となっています。
若干のミステリー的な空気をしのばせながら少しずつみんなの関係が深まっていきます。
基本的にはその関係の描写が主でいい感じに書かれています。
キャラクターの謎などを絡めながら日常を描いていくと、事件に巻き込まれ始め、それを主人公が解決しようと動き始めます。そうなると後は早い。すぐに事件は終結してしまいます。ただそれだけでは終わらずにそのあともう一段階あります。その部分は少し陳腐な形になってしまっていますが、ミステリ的な要素としては必要なのかもしれません。これがあるから最後がしまるという考え方もあるでしょうし。

今作品においては道具に過ぎない人が多く出てきます。それがいいと思えるときもあれば続編のために作っているだけなら必要ないと考えるときもあります。しかし今回においては魅力的なキャラづくりだとみることができるでしょう。今後これが生かされるかどうかもう少し見てみるのもいいんじゃないかと思えました。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : ★★★

Edit  |  01:02 |  ライトノベル系  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

カレンダー

ポップアップタグメニュー

ブログ内検索

カテゴリ

カテゴリ

ブログパーツ

タグ de

リンク

ベストセラー

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。