--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.11.16 (Fri)

中国名将の条件/陳 舜臣、田中 芳樹 

中国名将の条件中国名将の条件
(1996/03)
陳 舜臣、田中 芳樹 他

商品詳細を見る

【More・・・】

★★★

日本において中国を舞台とした小説といえば陳舜臣ですね。それに対して、より広い世代に中国小説を広めた田中芳樹。この二人が中国を題材にいろいろ語ってます。

中国人の考え方から中華思想の本来の意味など今まで勘違いしがちだった部分をきれいに教えてくれます。ただ田中氏が理想世界像を持っているように感じられ、その理想に対して中国の歴史に対する思い入れを無理してでも重ね合わせているように感じた。その部分になると田中氏が話をリードし、饒舌になるからかなり述べたかったんでしょうね。
またこの中で中国に興味を持っている二人の考え方やアプローチの方向性にいくらか違いが見えてくるのもまた一興でした。

後半であげている中国の英雄については読むだけで楽しくなってきますね。
博学の二人が、一般的には日本でなじみの薄い時代について英雄を上げてエピソードとともに紹介してくれます。中国歴史の深さ広さを感じる事が出来ますからより楽しめる事になります。今までになんとなく知っている英雄が出てきたりすると親しみも沸きますからね。
ここまで中国が世界に向けて開かれており、発信していた国だというのは知らなかった事も有り、驚きを感じました。

ここで紹介された人物は日本に是非紹介される人間だと思いますし、少しずつでも紹介していってもらいたい。ここで薦められている作品のいくつかは北方謙三などいろいろな形で新たに紹介されていますし、これからも紹介は続いていくでしょう。
これはどんどん楽しみが増えていくってことやね。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

タグ : ★★★

Edit  |  23:12 |  歴史関連  | TB(0)  | CM(4) | Top↑

★承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2010年07月19日(月) 18:14 |  【コメント編集】

★承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2010年07月23日(金) 04:13 |  【コメント編集】

★承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2010年08月07日(土) 20:11 |  【コメント編集】

★承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2010年10月24日(日) 13:18 |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

カレンダー

ポップアップタグメニュー

ブログ内検索

カテゴリ

カテゴリ

ブログパーツ

タグ de

リンク

ベストセラー

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。