--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.11.15 (Thu)

その日ぐらし―江戸っ子人生のすすめ/高橋 克彦、杉浦 日向子 

その日ぐらし―江戸っ子人生のすすめその日ぐらし―江戸っ子人生のすすめ
(1991/04)
高橋 克彦、杉浦 日向子 他

商品詳細を見る

【More・・・】

★★★
まず前半部分。一般的に知られていない江戸の生活について二人で語り合ってくれます。
時代劇の間違っている箇所も含めて、庶民の考え方や生活を今と比較しながら面白く教えてもらえます。遊郭などに対する一般人の考え方の違い、江戸の人口比率などは聞くだけで不思議になってくるし、今現在考えていた事が明治以降に作られた新しい考え方だというのは新たな発見でした。

そして話は江戸っ子気質から専門の浮世絵の話へ。この当りは逆に今と重なる話もあり、重ね合わせながら読んでいけます。二人共自分の専門分野に対してはかなりの知識を見せてくれるので自然と頭の中に入りますね。

ただ問題は最後の部分です。さすが高橋克彦。いつのまにかオカルト話に。発行年度を見ると確かにUFOとかはやってた頃ですね。なぜそこまで信じられるのかと思えますが、それを受け入れる杉浦日向子。お仲間なのか、すべてを包み込んでいるのか、分かりませんが話自体は江戸に絡めて面白くなっています。

全体的に唐突過ぎる展開ですが、前半部分は文句なしの面白さを持ってます。テーマが分散している傾向も持っていますが、強引に最後まとめてくれてますから、1999年を心配しながら終わりましょう。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : ★★★ 江戸

Edit  |  20:30 |  歴史関連  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

カレンダー

ポップアップタグメニュー

ブログ内検索

カテゴリ

カテゴリ

ブログパーツ

タグ de

リンク

ベストセラー

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。