--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.08.02 (Sat)

レディ・ガンナーと二人の皇子 (上)/茅田 砂胡 

レディ・ガンナーと二人の皇子 (上) (角川文庫―角川スニーカー文庫)レディ・ガンナーと二人の皇子 (上) (角川文庫―角川スニーカー文庫)
(2004/02)
茅田 砂胡

商品詳細を見る

【More・・・】

★★★

正直うっとうしい展開が続きます。
現代ののアメリカが江戸時代の日本を批判しているみたいな。
まあそこまで行かなくてもアメリカとイラクを暗示するみたいな。
そのあたりなんか面倒くさいんですけど、その説明が長く続いた後は早いですね。

テンポもすぐに良くなるし二つに分かれたグループがうまく出てきてますね。
こうやって見ると大きな話の本の最初の部分。
だったらこの説明くさいところも我慢できるけど。

まあそんなとこに気をもませていたら、
最後にひっくりされて面白さも急上昇。
正直好きなキャラがいない話だけにこの展開にかける感じです。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

タグ : ★★★

Edit  |  18:35 |  ファンタジー  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

カレンダー

ポップアップタグメニュー

ブログ内検索

カテゴリ

カテゴリ

ブログパーツ

タグ de

リンク

ベストセラー

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。