--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.11.08 (Thu)

将棋界の真相/田中 寅彦 

将棋界の真相将棋界の真相
(2000/11/16)
田中 寅彦

商品詳細を見る

【More・・・】

★★★

前に読んだ囲碁界の真相の親戚?将棋界のお話です。

将棋もろくに出来ないのにこういった打ち明け話だけは好きなんですよね。
実際このような閉鎖された世界の話はたのしい。

まあ内容は普通に将棋の棋士の生活から、将棋以外の生活、またそれらを取り巻く環境などいろいろな事について広く教えてくれてます。
将棋と囲碁にあまり差はないと考えていたんだけど、成り立ちから違っていて、経営などすべてのものに相違がみつかり、それに属する人間にも特徴が出てきているのは興味深く不思議な感じ。

その後、棋士通りの関係や羽生を筆頭とした現在のトップ棋士について
著者の特徴のある視点を通してたのしませてくれる。いろいろな形で分析してくれているので、実際読んで楽しい箇所となっていますね。特にこの辺は。

しかし残念ながら囲碁のときと同じように問題点が多くあげられている。
棋士の能力はそのまま現してくれない制度、将棋の普及に行き詰まりが出てきている事、宣伝が下手すぎること、ほぼ日本のみのゲームである事、女流が弱い事。など多くあげられています。
ただこの人は今までのことを踏まえた上で新たなアイデアとして、短所を長所に転換しようとしているように見えました。これは面白い兄弟子の芹沢がいた事も影響しているのかと考えてしまいます。

この先やはりいくらかの改革は必要なのでしょうが、未来に期待を持つ事が出来る内容となってましたね。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 小説・文学

タグ : ★★★ 囲碁・将棋

Edit  |  22:19 |  ゲーム関連  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

カレンダー

ポップアップタグメニュー

ブログ内検索

カテゴリ

カテゴリ

ブログパーツ

タグ de

リンク

ベストセラー

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。