--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.02.06 (Wed)

ぬしさまへ /畠中 恵 

ぬしさまへ (新潮文庫)ぬしさまへ (新潮文庫)
(2005/11/26)
畠中 恵

商品詳細を見る

【More・・・】

★★★★

思わずいいと感じる話から、
ちょっとした殺人事件の解決まで江戸を舞台に妖怪がちゃんと存在している設定において
色々な騒動の中心にいたり、巻き込まれたりいろいろ。

主に人間関係を描いた作品からミステリらしく殺人をあつかったものまで色々なものが詰まっています。

どんな話でも人間関係をぽっと温まるように書いてくれているから
どの話も見逃せないものになっています。
また時代物らしく江戸の商家など普通の生活が回りに広がっているのが分かり
目に浮かぶように楽しめます。

妖怪有りきの世界でどのように解決していくのかそんなほのぼの楽しいお話でした。
スポンサーサイト

テーマ : 読書 - ジャンル : 小説・文学

タグ : ★★★★ 江戸

Edit  |  07:24 |  歴史関連  | TB(1)  | CM(1) | Top↑

こんにちは。
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
藍色 |  2009年09月14日(月) 16:49 | URL 【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


下線文きょうも元気に寝込んでいる、若だんな一太郎の周囲には妖怪がいっぱい。 おまけに難事件もめいっぱい。シリーズ第二弾、ますます快調...
2009/09/14(月) 16:45:58 | 粋な提案
 | HOME | 

カレンダー

ポップアップタグメニュー

ブログ内検索

カテゴリ

カテゴリ

ブログパーツ

タグ de

リンク

ベストセラー

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。