--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.01.31 (Thu)

人生の棋譜この一局 /河口 俊彦 

人生の棋譜この一局 (新潮文庫)人生の棋譜この一局 (新潮文庫)
(1999/11)
河口 俊彦

商品詳細を見る

【More・・・】

★★★

今回の内容は実際に羽生など新世代の棋士たちが
A級近くまで上ってくる話。

前回の本とは違い少し彼らの歩みが鈍くなって来ていますね。
そのために著者も色々と考えようとします。
それはやはり歴史に残る大山、升田との人間性の差を想定してみたり、
下のレベルの層が厚くなってきたからだと考えてみたり、
基本的に考えながら時代が進むために同じことを繰り返し、
何度も何度も考える事になっています。

それでも印象的なのはやはりベテラン勢となっていました。
中でもおもしろいエピソードを持っているものには思いいれも相当あるらしく、
その思いが率直に伝わってきてます。
それと現在の棋士を比べるとどうも残念に思ってしまうようですねえ。
村山、先崎に親しみを感じる書き方をしているのもその影響でしょう。

強引とも言える語りですが、当時の多くの決戦において、
互いの心境を予測して、話を盛り上げてくれているので
十分興奮する事の出来る内容ともなっています。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : ★★★ 囲碁・将棋

Edit  |  07:34 |  ゲーム関連  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

カレンダー

ポップアップタグメニュー

ブログ内検索

カテゴリ

カテゴリ

ブログパーツ

タグ de

リンク

ベストセラー

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。