--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.01.24 (Thu)

皇国の守護者〈9〉皇旗はためくもとで /佐藤 大輔 

皇国の守護者〈9〉皇旗はためくもとで (C・NOVELSファンタジア)皇国の守護者〈9〉皇旗はためくもとで (C・NOVELSファンタジア)
(2005/02)
佐藤 大輔

商品詳細を見る

【More・・・】

★★★★

これで完結になるのか分かりませんが、
皇国の守護者において長く準備していた戦いが終わったといえます。
帝國との対決が今までは主だったのですが、
今回は丸々クーデター鎮圧作戦です。

いままでに溜め込んだ薀蓄も今回は消費する側へうつり、
時間経過と主に話もどんどん進んでいきます。

今まですべての仲間が揃ったシーンがなかっただけに、
天龍、猫、参謀役の親友、美貌の副官二人。
これが揃うと圧巻。
荘厳であり美しく見えてしまう軍隊。近衛団が見えてきます。

展開としては少々急でしたが、内乱は収まり、主人公は更なる高みへ。
ただ失うものもあり、銀英伝のような展開にも見えます。
これがどのような影響を与えていくのか。
そして帝國との関係がまた気になってしまいます。
これだけ面白いシリーズとであったのは初めてでした。
読みづらい部分はありましたがそれ以上の魅力が満載でした。
新たな主人公像に魅力を感じ、世界観に興味を持つ。
すばらしい作品でしたね。

ここまでの設定で一段楽しているのは確かなのですが、
もったいないですね。
以前より改めて帝國が逆襲してくるのが明白であったためにどうしても気になってしまいます。
せめてそこまでやってくれればいいですね。



草浪の受けた情報が良く分かりませんでしたねえ。
飛ばしてしまったのかもしれん。想像では守原は主人がなくなったという事だと思うのですが。
スポンサーサイト

テーマ : ライトノベル - ジャンル : 小説・文学

タグ : ★★★★ 皇国の守護者

Edit  |  07:05 |  ファンタジー  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

カレンダー

ポップアップタグメニュー

ブログ内検索

カテゴリ

カテゴリ

ブログパーツ

タグ de

リンク

ベストセラー

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。