--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2008.01.15 (Tue)

江戸へようこそ/杉浦 日向子 

江戸へようこそ江戸へようこそ
(1986/09)
杉浦 日向子

商品詳細を見る

【More・・・】

★★

初期に書いた本だけあって作者の好きなもの絞った形で色々とまとめてます。

大きな柱が幾つかあって、吉原・春画・戯作。
江戸文化の中でも重要な位置を占めていた庶民の娯楽であり、
江戸時代の特徴が大きく表れているものについてでした。

あまり女性が取り上げるのは珍しい分野ですが、
変に力の入ったものではなく、リラックスして読み続けていくことが出来る内容。
今の時代から見るとおかしな形だと思っているものを当時の世界観、時代感を大切に説明してくれながら、解説していってくれます。

中でも春画については基本から考え方が間違っている事が良く分かり、
どこを読んでも大変面白い出来となっています。
話しかけるような形の文体もいい感じに働いています。

ただ全体的に見るとかなり弱い。インパクトの薄い本という事も出来そうで。
それは面白くない対談と、当時のノリは分かるが自己満足に見える黄表紙が内蔵されている事で表されていそうです。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : ★★ 江戸

Edit  |  07:19 |  歴史関連  | TB(0)  | CM(6) | Top↑

★承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2011年01月19日(水) 09:27 |  【コメント編集】

★承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2011年01月19日(水) 10:07 |  【コメント編集】

★承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2011年01月19日(水) 10:38 |  【コメント編集】

★承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2011年01月19日(水) 11:14 |  【コメント編集】

★承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2011年01月19日(水) 11:47 |  【コメント編集】

★承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
 |  2011年01月22日(土) 11:02 |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

カレンダー

ポップアップタグメニュー

ブログ内検索

カテゴリ

カテゴリ

ブログパーツ

タグ de

リンク

ベストセラー

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。