--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.12.27 (Thu)

羽生善治 夢と、自信と。/椎名 龍一 

羽生善治 夢と、自信と。羽生善治 夢と、自信と。
(2006/11)
椎名 龍一

商品詳細を見る

【More・・・】

★★★

七冠をとるまでの日々を中心に将棋の羽生を記者の目からはじめから語ってくれます。

もうすでに色々な形で語られている方の話ですからだいたいはよく分かっています。
谷川ブームの元で大量に生まれた羽生世代。それが切磋琢磨しながら成長していく少年時代、そして急激な出世を見せ始める奨励会時代。しかしこれを読むだけでどれだけこの世代が輝いているかが分かります。小さいときは1つ上に天才と呼ばれる人間がおり、将棋を進めれば進めるほど同期やひとつ下にのちのライバルたちがいくらでもいる。成長を続ける人間にとってはこれほどうれしい環境はないでしょうね。

そしてプロ。その快進撃がこれでもかってほどに語られています。読んでいても七冠達成まではすぐです。先輩棋士たちの仲でもぶれずに成長を続ける。何かしっかりしたものを持っている事が良く分かります。そしてその中でも森内、佐藤なんかは現在でもライバル関係が続いている。先輩たちは更に自分を高めようとしている。後輩は羽生に追いつこうとがんばっている。若いときに頂点まで上り詰めたためにモチベーションを高めるのに苦労しそうなものですが、それでもファンたちとの関係をしっかりと大事にして将棋に対して真摯でいる。これはすばらしいものでしょう。

そして最後には七冠後、ライバルたちが成長しもはや追いつき追い越さんばかりに羽生に襲い掛かってきている事が示されています。谷川にあこがれた羽生。そして羽生にあこがれた世代が羽生に襲い掛かる時代になってきました。このさきの将棋界がどんどん楽しみなってくる偉大な人物の物語ですね。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : ★★★ 囲碁・将棋

Edit  |  07:48 |  ゲーム関連  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

カレンダー

ポップアップタグメニュー

ブログ内検索

カテゴリ

カテゴリ

ブログパーツ

タグ de

リンク

ベストセラー

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。