--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.10.24 (Wed)

作家の読書道2/WEB本の雑誌 

作家の読書道2作家の読書道2
(2007/08/23)
WEB本の雑誌

商品詳細を見る

【More・・・】

★★

森見登美彦、桜庭一樹、法月綸太郎などの普段から興味がある作家の話がどうしても面白く感じてしまうし、読む前から楽しみになってます。
それ以外にも池上永一、山本一力なんかは面白い形の読書経験をしてるなと感れます。

基本的に本に対する執着心が少なく名作、話題作を読まずに一定のジャンルばかり読んできた自分にとっては、話の内容に全くついていけなかったり、その本何?とかちっとも面白く感じない読書経験を聴くことになってしまっていました。

ただそれでも感動的なぐらい恐ろしい読書体験を感じられる人はいます。
作家、特に純文学とか芥川賞系の人は本当に一生関わりのないような本を読んでます。
自分の馬鹿さ加減が表れているだけのような気もしますがただ圧倒されるだけでした。
スポンサーサイト

テーマ : ブックレビュー - ジャンル : 本・雑誌

タグ : ★★

Edit  |  23:00 |  読書関連  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

カレンダー

ポップアップタグメニュー

ブログ内検索

カテゴリ

カテゴリ

ブログパーツ

タグ de

リンク

ベストセラー

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。