--.--.-- (--)

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Edit  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2007.12.13 (Thu)

実況席のサッカー論/山本 浩、倉敷 保雄 

実況席のサッカー論実況席のサッカー論
(2007/10)
山本 浩、倉敷 保雄 他

商品詳細を見る

【More・・・】

★★★★

おなじみサッカー実況の山本 浩、倉敷 保雄の両名が語っています。

まずは実況におけること。これが結構面白い。実況のときに気をつけていること、それぞれのスタイルなんかは普段実況を聞いていてもまず気にしない部分。それでもそこにしっかりとこだわりをもって視聴者に対して伝わりやすいようにやってくれている。普段声だけしか聞こえてこない実況がどれだけ気を使って解説と二人三脚でやっているかがわかります。
そして次に言葉の選びかたなんか実際に使っているテクニックを聞くとどれだけサッカーを伝えようとしているのか、特に臨場感、現場の興奮を伝えてくれるのかがわかるようになります。最後の五分間の実況の変化なんかはやはり興奮が伝わるように意図的に面白くやっていた事がわかり、思わず納得できました。

そして彼らの感じたサッカー。これが一番面白いですね。日本のサッカーについて問題点や長所を色々とあげてくれています。これはかなり面白い部分をあげています。それも実際に感じにくい部分をメディア側から。良くわかったのがやはり放送局にとってはライバルとなるのが野球でありそれは日本にすでに出来上がっているスポーツ文化であること。これははっきりと示されている。更に本場のサッカーについてよく知っているだけに日本のサッカー文化にもいろいろとあげてくれています。なかでもブーイングは日常で使う事のないものであり、競技場でのみ使う道具。それはやっぱり使えてないし、聞いているほうにもあまり影響が出てこない。これは昔からなんとなくそう考えていたりしたので素直に入ってきました。

このようにいろいろなことについて実況アナウンサーの立場から対談していますが、その合間に入っている名実況。これを見るだけでも結構な満足感は感じられるでしょうね。
スポンサーサイト

テーマ : 読んだ本。 - ジャンル : 本・雑誌

タグ : ★★★★ 球技

Edit  |  07:31 |  スポーツ関連  | TB(0)  | CM(0) | Top↑

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除に必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示
 

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック


 | HOME | 

カレンダー

ポップアップタグメニュー

ブログ内検索

カテゴリ

カテゴリ

ブログパーツ

タグ de

リンク

ベストセラー

プロフィール

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。